読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スターウォーズの感想・レビュー

スターウォーズの感想・レビュー。サクラ無しで心の声を叫びます。

スターウォーズ フォースコレクション【70点】無課金でも『 スター・ウォーズ 』【ネタバレ感想レビュー】

スターウォーズ フォースコレクション【70点】無課金でも『 スター・ウォーズ 』【ネタバレ感想レビュー】

 

スターウォーズ フォースコレクション は、コナミiOSAndroid用アプリである。

スターウォーズのキャラを使った、いわゆるカード対戦ゲームである。

 

このゲームには大きな目標が2つある。

 

1つは、キャラのコレクション。

2つ目は、レギオン(仲間組織)だ。

 

1つ目のキャラのコレクションだが、無課金では効率のいいガシャを回せないので、たいしたキャラが揃わない。イベントで自分用なら手に入るが、強くするには8枚以上集めて「 覚醒(パワーアップ) 」する必要がある。これは無課金では絶望的である。

 

ただ、上を目指さずに行くと固く決めたら、意外と楽しい。

 

音楽は映画でどこかで聞いたことがあるし、バトルではライトサーベルのブウォン音と、ブラスターのシュピン音が心地よい。

さらにはビークルといって X-Wing や AT-AT などをデッキに組み込むことができる。

 

要は無課金でも『 スター・ウォーズの世界観 』を楽しめるのだ。

 

2つ目のレギオン(仲間組織)では、仲間が集まって戦艦戦をする。

もちろん課金して強いキャラを集めている方が有利なのだが、無課金でも戦艦戦は活躍することが出来る。

 

仲間各自がEPというエネルギーのようなものを持っているので、それを戦艦にチャージして、相手の戦艦とバトルをするのだ。

戦艦戦ではじゃんけんの様な駆け引きと、このチャージ量が勝敗を左右する。

EPはレベルが高ければ無課金でも上げられるパラメーターなので、無課金でキャラが弱くてもEPを上げておけばチャージで活躍できる。

 

結論として、スターウォーズ フォースコレクションは、無課金でも『 スター・ウォーズの世界観 』を楽しめる良作である。無課金にも 戦艦戦 という楽しみを提供するナイスガイだ【70点】

 

フォースの覚醒【40点】熱意のぬけた『 セミの抜け殻 』【ネタバレ感想レビュー】

公開当日に見たスターウォーズ・フォースの覚醒を思い出しながら書いています。

 

ぼくはスターウォーズが生活の一部になってるもんで、ぼくにとってスターウォーズは映画を超えてもはやイベントです。行事です、行事。無条件で参加せざるを得ません。スターウォーズの新作が出るってんで大いに期待して行きました。

 

いや~ひどい映画だったね、いま思い出しても。

オリジナルがない、ただのレプリカって書いてる映画批評見たけどその通りだね。

映画からまったく熱意を感じられない。

批判をさけて合格ライン目指しましたよ感が満載 w

ザ・無難。ミスター・凡作。

 

もうアホかと。

スターウォーズで無難な映画撮って、ど・う・す・る・ん・で・す・か ?

オマージュだかリスペクトだか、な・ん・と・も・思・い・ま・せ・ん !

そんなことしてるヒマあったら、斬新なアイディアの一つでも考えろよ…

 

なあ… ルーカスはどんなスターウォーズを創ってきたよ?

たぶんルーカスはスターウォーズで100点満点なのに300点ぐらい取ろうとして創ってるぞ。

それが空回りしすぎて、世間の評価じゃ70点なんていわれてる。

それでいいんだよ。スターウォーズっちゅう神話を本当に理解できるのはルーカスだけなんだから。世間は神話をすこし楽しめればそれでいい。

 

さあ、フォースの覚醒よ。お前はセミの抜け殻だな。

ルーカスっちゅう神がいなくなった抜け殻だな。

そんな抜け殻、砕け散るのは時間の問題。次回作か、そのまた次回作か。

 

唯一の解決策はルーカスを呼び戻すこと。

はやくしろっ!!!!  間にあわなくなってもしらんぞーーーーーっ!!!!

ローグ・ワン【30点】一流には程遠い『 三流のフランチャイズ 』【ネタバレ感想レビュー】

映画『ローグ・ワン』は、なぜか一部にはとても評価が高いみたいですね。

個人とみられるブログでも、今までで最高とかぬかしたアホがいます。

Yahoo映画のレビューでも、泣けるとかサクラとしか思えない高評価が並んでいます。

 ほんとなの? これ配給元であるディズニーの宣伝部隊が書いてるんじゃないの?

 

私は上映初日に見に行ってきました。

【まったくの駄作にすぎませんでした!!!】

 

サクラじゃないとしたら、こんな映画に高評価つける方が理解できません。アホとちゃうか。

私は期待せずに見ましたが、それでも残念ながら【30点 】の評価です。

 

それでは、映画ローグワンのどこが駄目だったのか箇条書きで9個並べます。

 

1.全ての俳優に魅力がない

2.ストーリーがありふれている

3.映像でおどろかない、新鮮味がない

4.音楽が頭にのこらない

5.スターウォーズの世界観とかけ離れている

6.ワクワクする場面がない

7.感情移入するところがない

8.パクリすぎの寄せ集めすぎ

9.最後の5分以外おもしろくない

 

たった3分弱ぐらいで、駄目だった箇所が9個も思いつきました。

これは映画としてはかなり『 駄作 』の映画と言えるでしょう。

 

それでは一つづつ考えていきます。

最後には、こうすれば良かったという事も書きます。

 

続きを読む