【 スターウォーズ 】に逃避するブログ【 毎日積立投信もやってます 】

30代半ばオッサン。サクラ記事なしで、心の声を叫びます。

【 毎日積立投信 】積み立ての ゴール と 出口戦略【 S&P500配当貴族 】

最近、毎日積立のことを書いていますが、書き忘れていたことが1つあります。

積み立てのゴール(=目標金額)です。

 

 

どんな積立も最終的には取り崩します。

私は2017年現在で35歳なので、目標期間は60歳までの25年となります。

そして目標金額は、投資資金(毎日積立3000万円 + 暴落時スポット買い1000万円 = 4000万円)の 倍 である 8000万円 です。

もちろん利益に税がかかりますので、5000万円の利益がでた時点で終了です。

 

 

この目標を見て、みなさんは志が低いと感じられたでしょうか?それとも無謀と思われたでしょうか?

なぜこの目標設定にしたのかを書いていきます。

 

まず、私は持ち家があります。ローンはありません。

これからかかる大きな費用としては、

40年住むと考えて、固定資産税や修繕費など。

子供が2人の教育資金。

 

現在で1000万円を準備済みです。この資金は投資資金として使う予定はありません。

もちろん1000万円では到底不足していますので、あと2000万円ほど用意できたらなと考えています。

 

 

大雑把にいえばこんな感じです。

出口戦略としては、これから25年の間に、倍の8000万円になった時点で終了します。

積立投資には波があります。

60歳になる直前で、出口に向かおうとした時に、暴落が起きれば、今まで積み立ててきたものがオジャンになりかねないのです。

 

72の法則といって、72を年利(%)で割ると倍になるまでの年数がわかります。

S&P500の年利は、9%前後と言われています。

72÷9=8

理論では、8年で倍になる計算です。

 

まあこんなに上手くいくとは思ってないので、25年までの間に倍になったらいいと考えるわけです。

まとまった資金で【 毎日積立投資 】する場合の期間は?

先日、資金3000万円で、3本の投信を、1年間で毎日4万円積み立てすると書きました。

 

すると、『 1年で積立するのは危ないのではないか 』というご意見をいただきました。

まとまった資金を投資する期間は、18ヶ月~20ヶ月ぐらいにすべきだという事でした。

貴重なご意見、ありがとうございます。

 

 

そのあと調べてみますと、この内容の発案者?さんのブログを見つけました。

『 カン・チュンドのインデックス投資のゴマはこう開け! 』

一部を引用させてもらいます。

 

-----引用開始-----

積み立て投資を研究した米国の論文の中で「ドルコスト平均法のメリットを享受するためには、最低18ヶ月から20ヶ月の積立月数が必要である。」という考え方があります。マーケットの下落局面と上昇局面、両方を経験するためには、ある程度の「月数」が必要、ということ。たしかに、分けて投資を行うことは必要ですが、かといって、あまりに分け過ぎてしまうと、2500万円というお金のポテンシャル(潜在可能性)が損なわれてしまいます

-----引用終了-----

 

 

僕がなんで1年で全額積み立てようと思ったといいますと、

一括で購入した場合、安値であった場合ならいいが高値で買ってしまうリスクがある。

かといって5年・10年と長期間にわたって積み立てた場合、眠っている資金が機会ロスになる。

そして今年の年末から来年の頭あたりに、そろそろ暴落が来てもおかしくない。

=つまり、1年ぐらいで積み立ててみよう。という考えでした。

 

 

例えば2年で全額積み立てした場合、毎日の積立額は半分の2万円です。

はっきり言って、どうするか迷ってます。。。

 

なぜ【 ひふみ投信 】を買うのか

2017/07/01からの投資計画にあたって、ひふみ投信 は【 暴落時に1000万円のスポット買い 】と決めております。

これはなぜか。2つの理由があります。

 

 

まず1点目。

今まで ひふみ投信 で負けたことがないから。シンプルな理由です。

 

下がってきたら購入。 → 10%値上がりしたら売却。

下がってきたら購入。 → 10%値上がりしたら売却。

この1年で ひふみ投信 には200万円ほど稼いでもらいました。

私の中には、【 下がった時に、ひふみ投信 に1000万をかけるだけの信頼 】ができています。

 

 

そして2点目。

今までの成功経験でこれからも成功するとは限らないから。

 

たしかに ひふみ投信 には1年で200万円ほど稼いでもらいました。

日経平均が1万7~8千円の頃からのお付き合いです。

 

 

でも普通に考えると、日経平均は2万円で天井圏に来ていると思われます。

下がってきたら購入。 → 10%値上がりしたら売却。

このルーチンで果たして今後も成功するのか私にはサッパリわかりません。

よって、家訓である【 わからない事には手を出さない 】に従いますw

 

 

この2点の理由から、ひふみ投信 は【 暴落時に1000万円のスポット買い 】と決めました。

日本株暴落時に個別株で勝負してもいいのですが、私が自信をもって買える株は【 花王 】しかありません。

【 暴落時に花王を1000万円1点買い 】でも勝てる確率はかなり高いです。それだけ花王を信頼しています。

しかし、リターンの上昇効率を考えると、花王はベストではなさそうです。

ここは1年間のお付き合いで信頼を深めた ひふみ投信 に頼ってみようと考えています。

なぜ【 毎日積立 】するのか。なぜ3本も積み立てるのか。

なぜ私は【 毎日積立 】にこだわるのか。

いろんな投資家ブロガーさんによって検証されたものを読みました。

みなさん、【 毎日 】積立と【 毎月 】積立では結果は変わらないという結論です。

では、なぜこだわるのか。

 

それは安心を買うためです。心のやすらぎを得るためです。時間を得るためです。

この毎日積立を始めたら、毎日の株価チェックのための時間は減りそうです。

仕事に、遊びに、専念できる環境ができそうです。

 

 

なぜ3本も積み立てるのか。NYダウ、S&P500、米国配当貴族指数。

これは1本に絞り切れなかったから。

迷っていては投資のタイミングを逃しそう。

どれがいいのか、実際にやってみてから考える。

 

 

2017年の7月1日から毎日積立のスタートです!

毎月1日頃に、資産状況をアップしていきたいと思います。

 

【 S&P500 】米国投資はじめます!【 NYダウ 】

以前書いていた米国投資を本格的に始めたいとおもいます。

具体的には、【 カブドットコム証券 】で【 ノーロード 】で【 毎日積立 】を始めます。

 

 

候補はつぎの4本。

この中から3本選択する(S&P500配当貴族指数から1本選ぶ)。

 

【 NYダウ 】

iFreeNYダウ・インデックス 年0.243%

 

【 S&P500 】

i-mizuho米国株式インデックス 年0.54%

 

【 S&P500配当貴族指数 】※どちらか1本に絞る。

SMT米国株配当貴族インデックス・オープン 年0.594%

野村インデックスファンド・米国配当貴族 年0.54%

 

 

 

原資は【 3000万 】

これを【 1年で満額 】になるように【 毎日積立 】する。

 

つまり、

20営業日/月を12ヶ月=240日

1000万÷240日≠4万円

3本それぞれを【 毎日4万円 】積み立てる!

 

 

※それ以外に【 余剰金1000万 】あり。

これは【 日本株の暴落時 】に【 スポット買い 】に使う。

具体的には、【 ひふみ投信 】を考えている。

【 ultra sabers 】カスタム ライトセーバー 購入記【 ウルトラ セーバーズ 】

カスタムライトセーバーの代表とも言える、【 ultrasabers ウルトラセーバーズ 】での購入方法、評価などをレビューしていきます。

 

【 ultra sabers ウルトラセーバーズ 公式サイト 】

Custom Real Life FX Lightsabers | Real Life Lightsabers | Ultra Sabers

 

 

まず注意点が一つ。

ここは頻繁にセールをやっています。

前回だと4/14~6/16までで、セーバーに付けるオプションの値下げが主でした。

 

今回は6/17~7/17までの期間。なんとセーバー代金から10%オフです。

セーバーに付けるオプションも割引き対象なので、今回の方がお得と思います。

ただし追加ブレードなどの単品パーツ類は割引き対象外でした。

 

また最大15%オフのセールがあったらしいので、それを狙うのも手かと。

 

 

さて、スターウォーズで一番好きなキャラは、エピソード1のダースモールです。

あの赤い両刀と、舞うように戦う姿に、僕の少年の心はやられてしまいました。

だもんで、最初のライトセーバーを決めるとなった時には、なにも迷わずにダブルブレードセーバーを選択していました。

 

2本セットは販売していないので、1本ずつ合計2本カートに入れることになります。

同じ仕様で良ければ、1本目をカートに入れた後、カートの中で個数を2本にすればいいです。

さらに単品パーツから、アクセサリーのカプラー(ブレードを2本接続するもの)もカートに入れました。

 

ブレードの長さはネットで32インチがいいと聞いていたのでそれにしました。

ダブルブレードともなると2mを超えてきます。部屋の中ではまず振り回せません。

腕が未熟だと長さを持て余してしまうかもしれません。

だもんで、追加パーツとして24インチのブレードも2本カートに入れました。

長くてカッコよくても、振り回せなけりゃ意味ないモンね。

 

 

ウルトラセーバーズ 公式サイトですが、google先生が翻訳してくれるので英語が苦手な私でも難なく購入することができました。

それでは、注文方法を詳しく解説していきます。間違ってたらごめんね。

 

シングルブレードセーバー → 

スタントセイバーズ →

メナス・SE →

スタントセイバーズ →

ブレードの色:赤 →

バッテリ構成:Buck Puckによるリチウムイオンセットアップ(バッテリ&充電器付き)※ 2本目は充電器が要らないので(電池のみ)にしました ※ →

リチャージポート:なし →

ブレードの長さ:32インチ →

ブレードオプション:UltraEdge Midgrade →

ボトムナローリングネジ:銀 →

ミドルローレットねじ:赤 →

トップナローラースクリュー:赤 →

エミッタタイプ:ブラックアンダーレイ- windows →

クイックディスコネクト:いいえ →

スイッチタイプ:シルバー非点灯AVスイッチ →

ブレード先端タイプ:ラウンドチップ →

ブレード保持ネジレンチ:はい ※ 2本目はいらないので、いいえ。※ →

ブレードプラグ:はい →

セイバースタンド:いいえ →

Covertecクリップ:いいえ →

ADD TO CART で注文完了です!

 

 

次は支払を解説。

カートを見る →

クーポンコードをコピペで入力(セール適応はクーポンコード入力が必要) →

配送料の計算

1.JAPAN

2.県名をアルファベットで

3.自分の郵便番号をハイフンなしで →

『 選んで下さい 』からUSPSを選択 →

一番下にある、『 amazon pay 』をクリック →

Amazon.comのアカウントでログイン ※ アマゾン.コムのアカウントです ※ →

OKをクリックで、住所と支払情報(クレジットカード情報)が自動で入力されます →

中段にある、『 Registration(登録) 』は、ウルトラセーバーズのアカウントの会員登録みたいです。

私はこれを入力し忘れて、マイアカウントに入ることができません。

ですが、ウルトラセーバーズからの注文確認メールと、Amazon.comamazon payのマイページから、注文内容を確認はできます。

注意書きのチェックボックスに同意のチェックを入れる →

『 PLACE YOUR ORDER 』をクリックで支払完了です!

 

 

良いライトサーベルが届くといいですね!

【 自分語り 】映画を見るのが辛くなってきた。。。

みなさんは仕事が終わって家に帰ったあと、何をしてますか?

 

僕は大学生のころから映画にはまり、今までたくさん映画をみてきました。

そのころからかな、連続ドラマを見るのが辛く(つらく)なってきました。

毎週1話ずつ。これが何週か続く。

見続けるモチベーションが湧きませんした。

大学生までは見ていたので、急にモチベーションが落ちたんです。

それ以来、なんとなくドラマを避けて生きてきました

(24とプリズンブレイク半沢直樹は全部見ましたw)

 

理由は自分でもはっきり分かりません。

ハリウッド映画を見慣れてしまったから、製作費が安いドラマの絵作りにうんざりしたのかもしれません。

ドラマの俳優の演技に安っぽさを感じたからかもしれません。

 

社会人になってから、ゲーム(コンシューマー)をするのが辛くなってきました。

レベル上げ、死んでパターンを覚えることのモチベーションが湧きません。

でもゲーム自体は嫌いになってないみたいで、札束で殴り合うスマホゲームは続けています。

 

そして2人目の子供ができてから、映画を見るのが辛くなってきました。

1時間半でさえも、TVの前に座って見ることができなくなりました。

SFが好きなのでwowwowで録画するんですが、見ません。貯まります。

気合を入れて再生しても、前半30分で自然と寝てます。

もしくは1.5倍速で流れだけ把握して満足します。

 

最近はコミックス(漫画)が、一番自分に合う時間の使い方だと感じています。

単行本1冊読み終わるのに20分。集中力が持ちます。

気に入ったものは続巻も読みます。合わせて40分でも平気です。

 

この先どうなってしまうのか、自分でも怖いところがあります。

我慢強さ、辛抱強さを鍛えるときが来たのかもしれません。

スポーツを習ってみるのも気分転換になっていいかもしれません。

このことは経過観察して書いていこうと思います(モチベーションが続けばwww)