【 スターウォーズ 】に逃避するブログ【 毎日積立投信もやってます 】

30代半ばオッサン。サクラ記事なしで、心の声を叫びます。

スター・ウォーズ/最後のジェダイ【60点】資産食いつぶしの『 ドラ息子 』【ネタバレなし】感想レビュー

スターウォーズ/最後のジェダイ」、本日12/15の初回で見てきましたよ。

スターウォーズだけは映画館で見ないとね。

祭ですから、スター・ウォーズは。

仕事なんて勝手に休みますよそりゃもう。

 

 

僕は他の人の頭が見えると気が散るタイプなんで、最前列の中央をネット予約していきました。

前作の「スターウォーズ フォースの覚醒」と一緒の映画館で、「4DX」という3D+特殊効果のシアターです。

こっそりと、お気に入りのオビ・ワンのライトセーバーも持ち込んで、握りしめて見てきました。(もちろん迷惑だから光と音は出さないよw)

 

 

さてここからは、スターウォーズ 最後のジェダイの【ネタバレなし】感想レビューとまいります。

まず、このページで、【ネタバレなし】の感想レビューを書きます。

後で、別ページで、ネタバレありの感想レビューも書きます。

 

 

ズバリ結論からいうと、「スターウォーズ/最後のジェダイ」の点数は【60点】でした。

最後ジェダイの評価は、「よくあるハリウッド映画」になり下がってました。

前作同様に、スターウォーズの映画としては、出来の悪いものでした。

ただしハリウッド映画として見るならば、前作よりは好感が持てた内容でした。

 

思い返せば、前作の「フォースの覚醒」はひどい映画でした。

ルーカスをトレースしているだけの、情熱に欠けた、愛おしくない映画でした。

僕はフォースの覚醒に【40点】をつけています。

 

 

今作の「最後のジェダイ」は、前作とは次の点が違いました。

 

前作の長々とした、つまらない登場人物紹介描写が無かったです。

登場人物紹介は、得てして、つまらない、単調である事が多いです。

前作では新キャラクターが沢山登場したので、前半がとても単調でつまらなかったです。

 

今作では、ほぼ新キャラがいなかった事が幸いでした。

内容がストーリーを進めることに集中できるので、かなりスピード感がありました。

ルーカス版スターウォーズ6部作に共通した、あのスピード感です。

1時間半退屈するヒマはありませんでした。まさにハリウッド映画ですね。

(決して「おもしろい」という意味ではありません。退屈しなかっただけです)

 

 

 

残念ながら、「最後のジェダイ」は次の2点がダメでした。

 

 

1.キャラ(の魅力)に、進歩がありませんでした。

 

ルーカス版では、作品ごとにストーリー上の時間が空いていることが多かったので、その分、キャラの魅力が深まっていました。

これは監督・脚本の力と、出演者の力の両面で言えます。

いま思うと、ユアン・マクレガーって凄かったんだなと。

よくスターウォーズという神話のプレッシャーに、負けずに演じきったなと。

 

今作は、やはり監督の、脚本の力不足です。

キャラの魅力を前作以上に仕上げることができていません。

むしろ新鮮さがない分、今作の方が魅力が薄かったです。

 

それに加え、出演者の力不足も目立ちました。

前作からの間に何をスキルアップしていたのか。僕には何も変わっているようには見えませんでした。個々の魅力が薄すぎです。

 

どうしても、目にいくのは昔のオールドキャラ達です。

「ルーク」、「レイア」。

この二人はさすがでした。前作では「ソロ」でしたね。

この二人が主役で、あとは完全に脇役にまわっていました。

 

 

そして2点目。

2.ルーカスの大事にしていたものからの脱却。

 

ルーカスは黒澤映画にインスパイアされて、スターウォーズに反映していたと聞きます。

それはキャラ作りであったり、ベイダーの甲冑であったり、ジェダイの衣であったり、殺陣の場面であったり、無音の間をつくったりと音楽にまで影響されていたと聞きます。

日本の「わび・さび」を、ルーカス流にアレンジして展開していました。

 

「最後のジェダイ」、もちろん前作の「フォースの覚醒」にも、この要素は排除されていました。

代わりにハリウッド映画のスタイルを取り入れて、シーンは派手に、音楽はバンバンかけて、オリエンタル要素は一切ありません。

 

これはディズニーからの要望もあったのでしょう。

わかりやすく、ルーカス風味を取っ払いたかった。

新シリーズとして、スターウォーズを違う方向に持っていきたかった。

 

 

これら2点がこの映画のすべてです。

 

もうスターウォーズは、かつてのスターウォーズでは亡くなりました。

ディズニー資本の、ハリウッド映画として、生まれ変わりました。

 

これから、前作からスターウォーズを始める人には、これでいいのでしょう。

ルーカス版スターウォーズは、あれで完結しました。

もうこれでいいのでしょう。

私の中でも、スターウォーズの話は完結できました。ふんぎりが付きました。

 

次回からも、スターウォーズは映画館で見続けますが、別次元のスターウォーズとして、受け入れることにします。

 

ルーカス、そして旧スターウォーズ6部作、今までどうもありがとう。

 

 

------- 2017/12/15  19時 追記 ----------

 

スター・ウォーズ/最後のジェダイ」は、絶対「4DX」で見るのがおすすめ!

 

最後のジェダイの最大の見どころは、戦闘機による艦隊戦!

今作はハリウッド映画なんでw、艦隊戦のシーンが、スターウォーズ至上かつてないほど多い。

全部合わせて40分ぐらいは艦隊戦だったんじゃないかな。

この艦隊戦が、僕のこの映画の評価を上げた理由でもあります。

 

「4DX」だと、本当に戦闘機のパイロットになった気分になれる。

家でホームシアターだと、この臨場感は味わえない。

必ず「4DX」で、艦隊戦を体感した方がいいと思います。

スターツアーズ」を40分も体感できると思うとワクワクするでしょ?

もし「4DX」で最後のジェダイを見ていないと、30点の評価だったかもしれない。

それぐらい今作の艦隊戦の「体験」は、良かった!

 

 

ちなみに私は、座席48席の「4DX」シアターで、最前列の中央で鑑賞しました。

でも普通は映画館の最前列って、勇気がいりますよねw

見づらいんじゃないか、首が痛くなるんじゃないか。

では最前列のメリット・デメリットを書きます。

 

最前列のメリット

人の頭が気にならない、映画に没頭できる。

映画の画に迫力が出る。

臨場感が半端ない。

 

最前列のデメリット

スクリーンの位置が若干上ぎみで、ほんの少し上向きで鑑賞する必要がある。

 

デメリットはこれだけです!

私は身長170cmですが、首は痛くなりませんでした。

肩もこりませんでした。

 

最後にもう一度だけ、声を大にして宣言します。

 

 

スター・ウォーズ/最後のジェダイ」は、

「4DX」で、「最前列の中央」で見るべきだ! 

いや、「体感」するべきだ!!!

 

 

----- 2017/12/15  追記おわり -----

「ルーカスの6部作」にあって、「フォースの覚醒」「ローグ・ワン」に無いもの

「フォースの覚醒」も「ローグ・ワン」も、どちらも酷い映画である。

スターウォーズという括りがなければ、クソつまらなくて見る価値はない。

 

では、一体なにがダメダメなのか。

考えても答えは出ず、モヤモヤしていたいた。

 

でも、おたキングのメルマガを読んで急にピンと来た表現があった。

おたキングは、ヒットする映画の条件を、【「かわいげ」がある 】と表現していた。

 

 映画に対して、「かわいげ」って表現を使うなんてヤバいよね!

さすがキングって呼ばれてるだけあるよこの人。

 

 

さて、 映画の「かわいげ」とは、やっぱりその映画のもつ「愛嬌」だと思う。

「愛嬌があるな~」て思う映画は、やっぱり何度も見直したりしてるんだよね。

「好感」≒「愛嬌」であって、むしろ「愛嬌」を感じるから「好感」を持っと思う。

 

映画の愛嬌って、決してお客への媚(こび)じゃないと思う。

表現が難しいんだけど、どれだけ熱中して創ったか、どれだけこの映画にかけてるんだっていう、その「熱意」なんじゃないかと思う。

それが映画を見る人にも伝わってきて、見る人も愛おしく(いとおしく)なっちゃう。

結局は「熱意」なんだろうね、監督の。

 

 

12月14日は、スター・ウォーズ/最後のジェダイを初回で見てきます。

熱意にあふれた、愛おしいスターウォーズでありますように。

May the Force be with U ! 

最高のSF映画とは、なんぞや?【ネタバレ無し映画レビュー】

SF映画が好きだ。

なぜか、無性に、SF映画が見たい時がある。

それも怖いやつ。

 

「 日常と 一番かけ離れた時間 」を体験できるからだ。

 

ただの現実逃避なのかもしれないケドねw

 

 

そんなこまけーこたぁ、どうでもいいんダヨ!

SFが好きなんだから、しょうがない。

というわけで、大好きな【 コワ~いSF映画 】を6本紹介するヨ~♪

 

 

シュワちゃん系 】:

トータル・リコール」 怖さ 0点、総合 70点

 

あ、怖くないっす。

シュワちゃん世代なんで、特別枠っす。

でも、いまだに、

あの有名なシーンの衝撃を超えるものに出会ったことがありません。

 

 

【 戦争ボンバー系 】:

「 エイリアン2特別編 」 怖さ 60点、総合 100点

 

海兵隊サイコー!

キャメロン監督サイコー!

ドロップシップ、装甲車、パルスライフル、モーショントラッカー、セントリーガン。

当時小学生低学年だった僕の心をブチ抜きましたw

大人になった今も、人生最高の映画です。

 

 

【 密室サスペンス系 】:

「 エイリアン 」 怖さ 70点、総合 90点

 

大人になった今、見直すと怖くないですね。流れが分かってるし。

でも初見はテレビで見ましたが、あまりの怖さに衝撃をうけました。

小学生低学年だったんでその夜は夢に見ましたw

 

 

【 グロ・ホラー系 】:

「 パンドラム 」 怖さ 70点、総合 50点

 

最初~中盤までが怖くていいですね。後半は怖くない、ダレます残念。

暗い宇宙船の中を追っかけっこする所とかが好きです。

 

 

【 ビックリ・ホラー 】:

イベント・ホライゾン 」 怖さ 80点、総合 60点

 

初代エイリアン以来の恐怖体験でした。

あと音がいいですね。

ビックリ系なんで、普段は無音に近い、宇宙船の地響きみたいな地味な音。

ぜひ真夜中に、テレビだけの明かりで、ヘッドフォンでご鑑賞ください。

 

 

【 番外編:和風ホラー 】:

「 感染 」 怖さ 80点、総合 50点

 

この「 感染 」は、いわゆるJホラーです。

なんと、話の流れが「 エイリアン 」と似ている部分があります。

オマージュ?でも正直ストーリーはしょぼいです。

SFとは違うんで迷ったんですが、なぜか頭に残ったので採用しました。

社会人なりたての頃見ましたが、おしっこをちびるかと思いましたw

 

エイリアン:コヴェナント【10点】偉大な「エイリアン」に泥を塗る失敗作【ネタバレ無し感想レビュー】

最初に言っておく。
このレビューにはネタバレは無い。

この映画は老監督が世界中にいま伝えたい事を「ラスト5分」に描いている。
だからそのネタバレを書くわけにはいかない。
監督の思いを尊重するとしよう。

あらすじも書かない。そんなものは公式サイトでも見ておくれ。

この映画は初日の初回に、4DX仕様で最前列で鑑賞した。
まわりに他の客はおらず、視野角もちょうどいい、最高の舞台であったことを予めお伝えしておく。


結論から言えば、今回の鑑賞では「とても感銘をうけた」。
ただしそれは、映画の内容にではない。


好きだった名監督リドリー・スコット

老い」と「没落」

にであった。


「ALIEN」という、とてつもない作品をつくりあげた名監督であった。
しかし前作も今作をもってしても、自分の最高傑作を超えることはできなかった。

あきらかに前作と今作からは「老いによる没落」を感じる。
1つの映画の中に「2つのテーマ」をうまく盛り込めていないのだ。

それは「監督の伝えたい事」と「エイリアンの恐怖」、
どちらも、まあ中途半端に作ってしまっている。

もともとそんなに器用な監督とは思っていない。
しかし「ALIEN」では高水準で出来ていた。
これはもう監督の手腕が落ちたとしか言いようがない。


なぜいまさら「ALIEN」の続編を作ったのか。

ただ単に、「ALIEN」の誕生の話を書きたかったのか。
そうであれば、そんなものはだれも望んでない事を分からなかった監督の感性の老いだ。

「ALIEN2」に上を越された事が悔しかったのであろうか。
そうであれば、ジェームズ・キャメロン監督を超えるという思い上がりが過ちである。



リドリー・スコット名監督の衰えは、非常に残念であり、「それも人生」であると感銘をうけた。
今後は老体に鞭打つことはせず、新しい感性を持った若い監督に、自由にやらせてみるべきだ。(その結果がエイリアン3やエイリアン4であったとしても)


前作も今作も、エイリアンVSプレデターにも劣る、残念な作品であった。
なんども言うが、監督の老いによる力不足によるものである。

もう誰も「ALIEN」の続編は作らない方がいい。
とびっきり感性のいい若手が現れるまではね。

------------------------------------------------------------------
駄目な点を箇条書き

・まず監督の伝えたい事からして「古い感性」
・今までのエイリアンの焼きまわしで映像革新がない
・器用でないのにテーマを2つにしてしまった
・2つのテーマをまとめきれない程の老いによる力不足

採点:10点(100点満点)

【 毎日積立投信 】積み立ての ゴール と 出口戦略【 S&P500配当貴族 】

最近、毎日積立のことを書いていますが、書き忘れていたことが1つあります。

積み立てのゴール(=目標金額)です。

 

 

どんな積立も最終的には取り崩します。

私は2017年現在で35歳なので、目標期間は60歳までの25年となります。

そして目標金額は、投資資金(毎日積立3000万円 + 暴落時スポット買い1000万円 = 4000万円)の 倍 である 8000万円 です。

もちろん利益に税がかかりますので、5000万円の利益がでた時点で終了です。

 

 

この目標を見て、みなさんは志が低いと感じられたでしょうか?それとも無謀と思われたでしょうか?

なぜこの目標設定にしたのかを書いていきます。

 

まず、私は持ち家があります。ローンはありません。

これからかかる大きな費用としては、

40年住むと考えて、固定資産税や修繕費など。

子供が2人の教育資金。

 

現在で1000万円を準備済みです。この資金は投資資金として使う予定はありません。

もちろん1000万円では到底不足していますので、あと2000万円ほど用意できたらなと考えています。

 

 

大雑把にいえばこんな感じです。

出口戦略としては、これから25年の間に、倍の8000万円になった時点で終了します。

積立投資には波があります。

60歳になる直前で、出口に向かおうとした時に、暴落が起きれば、今まで積み立ててきたものがオジャンになりかねないのです。

 

72の法則といって、72を年利(%)で割ると倍になるまでの年数がわかります。

S&P500の年利は、9%前後と言われています。

72÷9=8

理論では、8年で倍になる計算です。

 

まあこんなに上手くいくとは思ってないので、25年までの間に倍になったらいいと考えるわけです。

まとまった資金で【 毎日積立投資 】する場合の期間は?

先日、資金3000万円で、3本の投信を、1年間で毎日4万円積み立てすると書きました。

 

すると、『 1年で積立するのは危ないのではないか 』というご意見をいただきました。

まとまった資金を投資する期間は、18ヶ月~20ヶ月ぐらいにすべきだという事でした。

貴重なご意見、ありがとうございます。

 

 

そのあと調べてみますと、この内容の発案者?さんのブログを見つけました。

『 カン・チュンドのインデックス投資のゴマはこう開け! 』

一部を引用させてもらいます。

 

-----引用開始-----

積み立て投資を研究した米国の論文の中で「ドルコスト平均法のメリットを享受するためには、最低18ヶ月から20ヶ月の積立月数が必要である。」という考え方があります。マーケットの下落局面と上昇局面、両方を経験するためには、ある程度の「月数」が必要、ということ。たしかに、分けて投資を行うことは必要ですが、かといって、あまりに分け過ぎてしまうと、2500万円というお金のポテンシャル(潜在可能性)が損なわれてしまいます

-----引用終了-----

 

 

僕がなんで1年で全額積み立てようと思ったといいますと、

一括で購入した場合、安値であった場合ならいいが高値で買ってしまうリスクがある。

かといって5年・10年と長期間にわたって積み立てた場合、眠っている資金が機会ロスになる。

そして今年の年末から来年の頭あたりに、そろそろ暴落が来てもおかしくない。

=つまり、1年ぐらいで積み立ててみよう。という考えでした。

 

 

例えば2年で全額積み立てした場合、毎日の積立額は半分の2万円です。

はっきり言って、どうするか迷ってます。。。

 

なぜ【 ひふみ投信 】を買うのか

2017/07/01からの投資計画にあたって、ひふみ投信 は【 暴落時に1000万円のスポット買い 】と決めております。

これはなぜか。2つの理由があります。

 

 

まず1点目。

今まで ひふみ投信 で負けたことがないから。シンプルな理由です。

 

下がってきたら購入。 → 10%値上がりしたら売却。

下がってきたら購入。 → 10%値上がりしたら売却。

この1年で ひふみ投信 には200万円ほど稼いでもらいました。

私の中には、【 下がった時に、ひふみ投信 に1000万をかけるだけの信頼 】ができています。

 

 

そして2点目。

今までの成功経験でこれからも成功するとは限らないから。

 

たしかに ひふみ投信 には1年で200万円ほど稼いでもらいました。

日経平均が1万7~8千円の頃からのお付き合いです。

 

 

でも普通に考えると、日経平均は2万円で天井圏に来ていると思われます。

下がってきたら購入。 → 10%値上がりしたら売却。

このルーチンで果たして今後も成功するのか私にはサッパリわかりません。

よって、家訓である【 わからない事には手を出さない 】に従いますw

 

 

この2点の理由から、ひふみ投信 は【 暴落時に1000万円のスポット買い 】と決めました。

日本株暴落時に個別株で勝負してもいいのですが、私が自信をもって買える株は【 花王 】しかありません。

【 暴落時に花王を1000万円1点買い 】でも勝てる確率はかなり高いです。それだけ花王を信頼しています。

しかし、リターンの上昇効率を考えると、花王はベストではなさそうです。

ここは1年間のお付き合いで信頼を深めた ひふみ投信 に頼ってみようと考えています。